© secai

テニスコーツが主宰するレーベルmajikickの出身である、NSD(並木大典)とDasman(比留間毅)が2003年より結成したユニット。30分1ミックスのシングル・スタイルで現在までに5枚をリリース。一つの枠に収まらないアブストラクトな音像を創造するスタイルから、音楽のフィールドのみならず、映画やアート、ファッション等、幅広くコラボレーションを展開している。浅野忠信初監督作品『トーリ』で音響面での参加、長谷井宏紀監督の短編フィルム「GODOG」や、実験映像ユニットZONIの音楽、音響を手がける。2007年、東欧最大級のミュージック・フェスティバル「Sziget」に出演、同オーガニゼーション Cökxpôn ambient garden & tentのコンピレーションアルバムに楽曲提供。同年より、COU、DJ NESSILLが主宰するアブストラクトイベント “submeditate.” にレジデンツとして参加。2008年、テニスコーツとの共作『Tenniscoats&Secai』をnobleよりリリース。2010年、シャツブランド「TROPOPAUSE」に音楽で参加。コレクション毎に音源をリリースしている。

Based on Tokyo Japan, NSD (Daisuke Namiki) and Dasman (Takeshi Hiruma), both artists produced by the Tenniscoats’ majikick label, created this unit in 2003. Secai has released five 30-minute single style mixes up to present.
From club scenes like abstract hip hop and electronica, up to ambient… the duo mesmerizes fans virtually everywhere in the music scene. With an abstract and borderless music image at their core, the duo make collabolations not only in the Music scene, but also in the Art and Film.

Comments are closed.